2013年07月11日

【健康】 癌になりやすい10の悪い習慣

1 名前:九段の社で待っててねφ ★[sage] 投稿日:2013/07/08(月) 06:31:56.78 ID:???0
2013年7月6日、シンガポール教育在線は、中国社会の発展に伴う食習慣の変化とがん患者
急増の背景には、10の悪い習慣があると伝えた。

医学雑誌ランセットによれば、中国大陸では飲食習慣が若年死亡の主要なリスク原因と
なっている。専門家によれば悪習慣を10年続ければがんにかかるリスクが高くなる。中国
では近年経済発展に伴い、ファーストフード店などがすさまじい勢いで増加。食習慣にお
いても急速な変化が起きている。以下、がんにかかりやすくなる中国の悪習慣をまとめ
た。

1.常に熱いお茶を好む、
2.肉に比べて野菜や果物をあまり取らない、
3.大便を我慢する、
4.夜眠らない、
5.長時間座り、動かない、
6.小さなことに首を突っ込んで、いらぬ苦労をする、
7.性交渉の時にコンドームを使わない、
8.いったん吸い終わった煙草をまた吸う、
9.豪華すぎる室内装飾(建材には発がん物質のあるものも)、
10.家族にがん患者がいる。

ソース   レコードチャイナ 2013年7月8日
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=74068
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20130706-0010.jpg
続きを読む
posted by さっちん at 06:17 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月08日

【医学】乳がん進行抑える遺伝子発見 治療薬に期待/大阪大など

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/07/04(木) 22:41:31.81 ID:???
乳がん進行抑える遺伝子=治療薬に期待−大阪大など

乳がん細胞が周囲に広がったり、転移したりするのを抑制する遺伝子を、大阪大の佐伯万騎男講師らの研究グループが発見した。
この遺伝子の量を増やす薬を開発できれば、がんの進行を抑えることができるという。
カナダ・トロント大との共同研究で、3日付の米科学誌プロスワンに発表した。

乳がんは日本人女性がかかりやすいがんの第1位。
乳腺にできたがん細胞が「浸潤力」を持つと、乳腺を包む膜を破って血管やリンパ節に広がり、肺や肝臓など離れた臓器で増殖して腫瘍を作る。
最初にがんができた乳腺を治療しても、患者の20〜30%は他の臓器などに転移するため、浸潤や転移を抑える治療が求められている。
 
研究グループは2006年に発見した遺伝子「Monad」と、それによって作られるたんぱく質に着目。
乳腺にあるMonadの量を測定したところ、がんがリンパ節に転移した乳がん患者の量は、転移していない患者の半分程度だった。
 
また、浸潤力が強い乳がん細胞に、この遺伝子を入れると浸潤力が失われた。
浸潤を引き起こすたんぱく質をがん細胞が合成するのを、遺伝子のたんぱく質が阻害していた。
 
佐伯講師は、治療薬がすぐにできなくても「Monadの量を調べ、浸潤や転移が起きやすいか診断するマーカーとして使えれば、
薬物治療か外科手術かなど患者の選択肢が広がる」と話している。(2013/07/04-06:22)
__________

▽記事引用元 時事ドットコム 2013/07/04-06:22配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013070400082

▽関連
PLOS ONE
Exosome-Bound WD Repeat Protein Monad Inhibits Breast Cancer Cell Invasion by Degrading Amphiregulin mRNA
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0067326
続きを読む
posted by さっちん at 00:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月07日

【医学】骨髄移植でHIV消滅か 米で新たに2例確認

1 名前:おばさんと呼ばれた日φ ★[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 08:54:19.83 ID:???0
米国でリンパ腫の治療のための骨髄移植を受けた男性患者2人の体内から、感染していたエイズウイルス(HIV)が
消滅したようだと、ハーバード大の研究者が3日、マレーシアの首都クアラルンプールで開かれた国際エイズ会議で
報告した。ロイター通信などが報じた。HIVが完全に消滅したかは確認できていないが、1人目の患者は、HIVを
抑制するための抗レトロウイルス薬の投与を4カ月近く、2人目は2カ月近く中断しているという。

同様の例では、2007年にドイツで白血病のため骨髄移植を受けた男性の体内からHIVが消えたことがあるが、
HIVへの耐性があるとされる特殊な骨髄の遺伝子を持つドナーからの移植だった。

今回の患者2人のように通常のドナーからの骨髄移植でHIVが消滅するのは初めてといい、専門家は「HIV撲滅の
研究は新たな領域に入ろうとしている」と期待している。

ソース
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130704/scn13070401060000-n1.htm
続きを読む
posted by さっちん at 06:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。