2013年07月08日

【医学】乳がん進行抑える遺伝子発見 治療薬に期待/大阪大など

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/07/04(木) 22:41:31.81 ID:???
乳がん進行抑える遺伝子=治療薬に期待−大阪大など

乳がん細胞が周囲に広がったり、転移したりするのを抑制する遺伝子を、大阪大の佐伯万騎男講師らの研究グループが発見した。
この遺伝子の量を増やす薬を開発できれば、がんの進行を抑えることができるという。
カナダ・トロント大との共同研究で、3日付の米科学誌プロスワンに発表した。

乳がんは日本人女性がかかりやすいがんの第1位。
乳腺にできたがん細胞が「浸潤力」を持つと、乳腺を包む膜を破って血管やリンパ節に広がり、肺や肝臓など離れた臓器で増殖して腫瘍を作る。
最初にがんができた乳腺を治療しても、患者の20〜30%は他の臓器などに転移するため、浸潤や転移を抑える治療が求められている。
 
研究グループは2006年に発見した遺伝子「Monad」と、それによって作られるたんぱく質に着目。
乳腺にあるMonadの量を測定したところ、がんがリンパ節に転移した乳がん患者の量は、転移していない患者の半分程度だった。
 
また、浸潤力が強い乳がん細胞に、この遺伝子を入れると浸潤力が失われた。
浸潤を引き起こすたんぱく質をがん細胞が合成するのを、遺伝子のたんぱく質が阻害していた。
 
佐伯講師は、治療薬がすぐにできなくても「Monadの量を調べ、浸潤や転移が起きやすいか診断するマーカーとして使えれば、
薬物治療か外科手術かなど患者の選択肢が広がる」と話している。(2013/07/04-06:22)
__________

▽記事引用元 時事ドットコム 2013/07/04-06:22配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013070400082

▽関連
PLOS ONE
Exosome-Bound WD Repeat Protein Monad Inhibits Breast Cancer Cell Invasion by Degrading Amphiregulin mRNA
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0067326
乳がん ブラ キャミ】綿混・吸汗速乾・脇汗取りつきラウンド型キャミ
posted by さっちん at 00:00 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。